薄毛を改善するには? もくじ

薄毛を改善するには? もくじ

下記の読みたい項目をクリックしてください。

育毛剤が理論通りに効かない

育毛剤をつけても薄毛が回復しないのは当たり前です。髪は「頭皮」が育てており、 頭皮が老化しているのに育毛剤をつけても頭皮回復をしなければ効果は低いか効き目はないのです。

育毛手当の経歴は大切

今までしていた育毛手当の経歴を聞く理由は今後の手当の参考にするだけではありません。 それは間違った育毛手当による後遺症の問題があるから。医薬品の育毛剤等を使っての育毛は、副作用面が出ている人が多いので要注意。

・育毛剤が効かない薄毛

頭皮が赤い、部分的に赤い等、頭皮に炎症やうっ血のある薄毛・細毛が増えてきました。 炎症も急性か慢性化で手当が違います。頭皮に炎症やうっ血があると血管が弱り、老廃物を処理するリンパ系の働きも低下しています。 このような状態で育毛剤を使っても効きません。逆に頭皮を弱らせることになります。

カット法で違う

薄毛の人は地肌をかくすために無理なヘアスタイルをしている人が多い。カット法で薄毛をカバーするヘアスタイルをつくり、 同時に頭皮の育毛環境も変えるため、 本人に提案して「育毛カット法」をレストルクリニック 育毛・美髪科では実践しています。

カットで薄毛が

薄毛の人は地肌をかくすために無理なヘアスタイルをしている人が多い。カット法で薄毛をカバーするヘアスタイルをつくり、 同時に頭皮の育毛環境も変えるため、 本人に提案して「育毛カット法」をレストルクリニック 育毛・美髪科では実践しています。

薄毛改善に頭皮マッサージ

ニセ者はホンモノに見せようとホンモノ以上にホンモノらしく振る舞います。販売者は商品の販売が主目的です。 商品を巧みに販売するため「売るためにひつような知識やノウハウ」を勉強します。そして買う人を納得させ安心させるノウハウを持っています。

育毛環境を整える

薄毛の原因はシャンプーやリンス、トリートメントなどのヘアケア製品が主ですが、体の中に原因があることがあります。 体の中に原因があると、薄毛が改善しにくい買ったり、改善が遅れたりします。 この場合、体の中から育毛環境を整えるお茶やサプリメントが補助となります。

頭皮の異常を沈静化

当店では、より改善率を上げるため、確実性を増すために前処理に重点を置き、施術に組み入れて成果を上げています。 86%の薄毛は、頭皮が弱りおとろえていたり、炎症やうっ血、脂漏性などの異常があり、そうした状態では育毛剤は効きません。 このことから前処理として頭皮を育毛剤が効く頭皮に改善する手当が必要なのです。

活勢水による育毛

薄毛・抜け毛が心配で手当を始めたけれど、効果が出ないため、ますます積極的な手当をしていく傾向にあります。 でもすこしだけ考えて欲しい。上のイラストのように細胞が薬漬けになり薬負けしていないかを。 このような状態ではせっかくの育毛剤もマイナスになってしまいます。

毛穴の育毛環境をよくする

大きな毛穴から太い毛は生えます。毛が細くなり軟毛しか生えてこない毛穴は萎縮して小さく浅くなります。 やがて痕跡だけが残ります。太い毛に回復させたいなら、毛穴も大きく活性化させなければいくら育毛剤を付けても効果は少ない。

毛をつくる血の活性化

育毛剤には血流を促進する成分が含まれています。しかし低体温の頭皮にはそれほど改善効果はありません。 そこで頭皮のマッサージが必要となります。

炎症を改善して治す

燃えるような赤、網目状に赤い、うっすら赤い、紫がかった赤、などにより原因が違いますので、手当も違ってきます。 また赤くはならなくても、むくんでいたりして血管が弱っている頭皮が多くなり、いずれも育毛手当では治らないので要注意。

薄毛の改善例

体験者が語る治った例

女性の薄毛の改善体験談です。

女性改善例

女性の薄毛は男性の薄毛と同じ手当をしてはダメ。薄毛を悪化させたりこじらせる結果になります。 このページではボリューム、うっ血、分け目などの症例と育毛手当のポイントを紹介します。

こんなに早い例もある

魔法の育毛剤を探しているなら失敗することでしょう。つけたらとたんに効き始め、みるみる毛が増えていく育毛剤や育毛法なんてありません。 でも薄毛の改善が早い人もいます。個人差は大きいので「早い例」を目標にすると、あせったり途中挫折します。 育毛は焦らず根気よく行う事が大切です。

体験者が語る悪化した例

他の人の失敗談を参考にしてどのようにしたら薄毛が悪化するのか、どのようにしたら薄毛が早く治せるのかの指針になるよう失敗談を載せました。 多くは洗いすぎ、皮脂の取りすぎ、体質を無視した手当などの失敗です。

体験されたかたの声

レストル育毛法で薄毛を改善した人の体験談です。

↑ PAGE TOP