うつ傾向の薄毛、円形脱毛症 もくじ

うつ傾向の薄毛、円形脱毛症 もくじ

下記の読みたい項目をクリックしてください。

・急増!うつ傾向の薄毛相談

うつ傾向の薄毛は、ただ薄毛の手当をする対症手当ではなく、カウンセリングより原因を改善する「根本手当」が必要です。

・自律神経系の乱れ、うつ傾向の薄毛

近ごろ自律神経系の乱れによる薄毛が増加傾向にあります。 いろいろな手当をしてもよくならないと進行させてから当研究所に来られる人が多くなりました。

・薄毛、ED、うつ、自律神経失調

誰でも高い商品を買うのはイヤです。できるだけ安く購入したいことでしょう。 また他人を信頼してだまされるのはイヤですし、できたらじぶんだけで解決したいものです。

・薄毛は「煩、炎、燥」

燃え尽き症候群の人が増えています。 体はその異変を改善するため末端の髪を育てる余裕がなくなり、炎の熱で毛は抜けやすく、毛根はやせて細くなり、薄毛は進行していくのです。

・困難な円形脱毛症.1

円形脱毛症はただ毛が抜けるだけではありません。心と体のひずみが信号となって現れています。 ただ毛が抜けるだけでなく、心の持ち方が微妙に違ってきて社会適応性などが低下してきます。 そうなってしまうと、人間関係や協調関係がわずらわしくなったり、苦痛になり、やがて孤立感を高めていきます。

・困難な円形脱毛症.2

アトピータイプや高血圧タイプの円形脱毛症は原因が複雑で治りにくく、全頭脱毛に進行することも多い。 また再発率も30%以上と高く、再発を繰り返すたびに「発毛条件」は悪くなります。 現在おこなわれている「対症手当」でなく、東洋医学を応用した「根本手当」をすることで改善率を上げ、再発率を下げることができます。

・円形脱毛症に朗報

当方では難治性の円形脱毛症には東洋医学の「手当法+養生法」で成果を上げています。 一般におこなわれている「対症手当」でなく、ていねいなカウンセリングと実践で効果を試して開発したヘア商品で根本手当を目指しています。

↑ PAGE TOP