営業利益率とは(えいぎょうりえきりつとは)

売上高営業利益率の意味、売上高営業利益率の計算式、業種別の売上高営業利益率の平均値、売上高営業利益率の見方・考え方、について解説しています。

株式投資家個人生活研究所株と決算書財務諸表分析>営業利益率とは(えいぎょうりえきりつとは)

コンテンツ一覧

売上高営業利益率の意味

 売上高営業利益率とは、会社の売上高に対する営業利益の割合のことで、%で表します。
 営業利益は、会社の本業における利益を表すので、営業利益率は本業における収益性を判断する指標となります。

売上高営業利益率の計算式

 売上高営業利益率は以下の計算式で算出します。

  • 売上高営業利益率 = 営業利益 ÷ 売上高 × 100(%)

 例えば、売上高が1億円、営業利益が1,200万円とすると、売上高営業利益率は12%となります。
売上高営業利益率 = 12,000,000円 ÷ 100,000,000円 × 100(%)
             = 0.12 × 100 = 12%

業種別の売上高営業利益率の平均値

 売上高営業利益率の全業種の平均は3%前後です。売上高営業利益率の平均値は業種によって異なります。また、売上高営業利益率は景気の動向や年度によっても変化し、ばらつきがあります。
 主要産業の売上高営業利益率を以下に示します。

主要産業の売上高営業利益率
利益率 売上高営業利益率(%)
業種\年度 平成21年度 平成22年度 平成23年度 平均
全業種平均 1.9 3.1 2.5 2.5
製造業 1.7 3.7 3.0 2.8
電気・ガス業 6.1 6.8 -3.3 3.2
情報通信業 5.9 5.6 5.6 5.7
卸売業 0.8 1.3 1.3 1.1
小売業 1.9 2.7 2.9 2.5

※全業種平均は、上記の主要産業以外に、鉱業・採石業、クレジットカード業、飲食サービス業など、種々の業種を含んでいます。

◯統計情報の出典
経済産業省 平成24年企業活動基本調査速報-平成23年度実績-
http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/kikatu/result-2/h24sokuho.html
調査結果の概要 (PDF/772KB)から、主要産業の売上高営業利益率を抜粋し、平均値を追加しました。

売上高営業利益率の見方・考え方

 売上高営業利益率は、会社の本業における儲かり具合を表します。営業利益率が高ければ、本業で儲ける力があり、かつ営業力が強いと言えます。
 売上高営業利益率が、上記の業種別平均値を1%以上、下回ったら要注意です。また、前期、前々期と比較して減り続けていたら、更に警戒が必要です。
 本業で儲けが出せないにもかかわらず、会社が存続しているとしたら、資産を切り売りするなどして、しのいでいる可能性が大きくなります。やがて切り売りするものが無くなれば、倒産の危険性が高まります。


サイト内検索 powered by Google
投資日記ステーション

【株式サイトのランキングをチェック】
株式ランキング
ホームページランキングネット
Link-MP投資ランキング

マンション管理士試験研究所宅建試験初心者合格サイト株式投資初心者徒然日記抜け毛はげ対策研究所


株式投資トップページ

更新日:2014年06月23日 月曜日
作成日:2007年07月13日 金曜日

アクセス解析 レンタルCGI