営業利益とは(えいぎょうりえきとは)

営業利益の意味、計算式、考え方、営業利益と売上総利益(粗利益)との関係、営業利益と販売費及び一般管理費との関係について解説しています。

株式投資家個人生活研究所株と決算書財務諸表分析>営業利益とは(えいぎょうりえきとは)

コンテンツ一覧

営業利益の意味

 営業利益とは、売上総利益粗利益)から販売費及び一般管理費を差し引いた利益で、当該企業が本来の業務、すなわち本業によって生み出した利益のことです。
 営業利益は、財務諸表における損益計算書の項目の一つです。

営業利益の計算式

 営業利益は以下の計算式で算出します。
営業利益 = 売上総利益(粗利益) - 販売費及び一般管理費

営業利益の考え方

 営業利益を算出する前段階の売上総利益(粗利益)は、当該企業の製品力及び商品力、すなわち独創的で付加価値が高い製品を開発したり、商品を仕入れたりする力を表す利益です。
 営業利益は、売上総利益(粗利益)に対して、当該製品・商品を販売するための営業部署や、営業を後方支援する部署、広告宣伝や販売促進にかかる費用を差し引いた利益です。
 従って営業利益は、当該企業における本業、或いは基幹事業の収益性や競争力を表していると言えます。

営業利益と売上総利益(粗利益)との関係

 販売費及び一般管理費が一定であると仮定すると、売上総利益(粗利益)が大きいほど営業利益も大きくなります。
 逆に、売上総利益(粗利益)が小さいほど営業利益も小さくなります。

営業利益と販売費及び一般管理費との関係

 売上総利益(粗利益)が一定であると仮定すると、販売費及び一般管理費が小さいほど、営業利益は大きくなります。
 逆に、販売費及び一般管理費が大きいほど、営業利益は小さくなります。
 そのため、売上総利益(粗利益)がいくら大きくても、販売費及び一般管理費が掛かり過ぎると、営業利益は小さくなります。
 従って、当該企業の本業の利益を表す営業利益を大きくするには、売上総利益(粗利益)を大きくして、販売費及び一般管理費を小さくすることが必要となります。

関連用語

  1. 売上高とは(うりあげだかとは)
  2. 経常利益とは(けいじょうりえきとは)
  3. 粗利益率とは(あらりえきりつとは)
  4. 営業利益率とは(えいぎょうりえきりつとは)
  5. 経常利益率とは(けいじょうりえきりつとは)

サイト内検索 powered by Google
投資日記ステーション

【株式サイトのランキングをチェック】
株式ランキング
ホームページランキングネット
Link-MP投資ランキング

マンション管理士試験研究所宅建試験初心者合格サイト株式投資初心者徒然日記抜け毛はげ対策研究所


株式投資トップページ

更新日:2014年05月29日 木曜日
作成日:2007年07月12日 木曜日

アクセス解析 レンタルCGI