固定資産回転率とは(こていしさんかいてんりつとは)

固定資産回転率の意味、計算式、固定資産回転率の目安、固定資産回転率に関する新聞記事、について解説しています。

株式投資家個人生活研究所株と決算書財務諸表分析>固定資産回転率とは(こていしさんかいてんりつとは)

コンテンツ一覧

固定資産回転率の意味

 固定資産回転率とは、企業の設備投資が適正かどうかを見る為の指標で、売上高固定資産の何倍あるかを、回転率(=回転数、倍数)で表したものです。
 固定資産とは、1年を超えて所有したり使用したりする資産のことです。
 固定資産は、有形固定資産無形固定資産投資等の3つに区分されます。

固定資産回転率の計算式

 固定資産回転率は以下の計算式で算出します。
固定資産回転率 = 売上高 ÷ 固定資産の総額

固定資産回転率の目安

 固定資産回転率を判断する目安は以下の通りです。

固定資産回転率の目安
流通業 製造業
設備投資が不足 12回転以上 8回転以上
設備投資が適正 5回転以上 2.5回転以上
設備投資が過剰 2回転以下 1回転以下

 固定資産回転率は、当該企業の売上高を達成するのに固定資産が何回転しているかを表しています。
 回転数が大きいということは、より少ない固定資産で売上高を達成していることになるので、効率的であると言えます。一方で、売上高に対して、設備投資が不足している可能性があります。
 回転数が小さいということは、売上高に比べて設備投資が過剰であると言えます。一方で、設備投資に対して売上高が少ない可能性があります。

固定資産回転率に関する新聞記事

2009/06/11日本経済新聞
  自動車部品会社のリストラに濃淡が出ている。大手自動車メーカー系列に比べ、独立系でリストラの規模が大きいのが特徴だ。いざという時に頼れる親会社がない危機感が背景とみられ、2010年3月期の業績の改善度合いとも連動する。
(途中省略)
 主要12社の有形固定資産回転率(売上高の有形固定資産に対する比率=設備の稼働度)を計算すると、3.5回を超えていたのが今期は2.5回弱に急低下する。企業によっては米ゼネラル・モーターズの破綻が一段の減収要因。小型車シフトで部品単価も下がるなか、さらなる設備リストラが課題となる可能性もあることを示す。(記事終わり)

 上記の記事では、自動車部品メーカーの業績悪化により売上高が減少したので、固定資産回転率が低下したと述べています。

サイト内検索 powered by Google
投資日記ステーション

【株式サイトのランキングをチェック】
株式ランキング
ホームページランキングネット
Link-MP投資ランキング

マンション管理士試験研究所宅建試験初心者合格サイト株式投資初心者徒然日記抜け毛はげ対策研究所


トップページに戻る

更新日:2014年07月16日 水曜日
作成日:2007年08月04日 土曜日

アクセス解析 レンタルCGI