キャッシュフロー計算書とは(きゃっしゅふろーけいさんしょとは)

キャッシュフロー計算書の意味、キャッシュフロー計算書の役割、キャッシュフロー計算書の種類、について解説しています。

株式投資家個人生活研究所株と決算書財務諸表分析>キャッシュフロー計算書とは(きゃっしゅふろーけいさんしょとは)

コンテンツ一覧

キャッシュフロー計算書の意味

 キャッシュフロー計算書とは、会社の現金の流れと増減とを表す決算書のことです。
 キャッシュとは、現金や預金、3ヶ月以内に現金化できる株や債券などのことです。フローとは、流れること、流れのことです。

キャッシュフロー計算書の役割

 帳簿上で利益が出ていても、実際にキャッシュが無ければ、資金繰りが苦しくなり、倒産する危険性があります。
 キャッシュが無ければ、社員に給料が支払えなかったり、仕入れ代金が支払えなかったりします。
 決算書の中には、貸借対照表損益計算書がありますが、この2つの決算書からはキャッシュの有無が分かりません。従ってキャッシュフロー計算書は企業のキャッシュの変動を見るために必要な決算書であると言えます。

キャッシュフロー計算書の種類

 キャッシュフロー計算書は以下の三つで構成されています。

営業活動によるキャッシュフロー
営業活動によるキャッシュフローとは、会社本来の事業における、仕入れや販売、製造などの活動から生じた現金・預金などの流れと増減とを表したものです。例えばお金を借りて仕入れを行い、販売代金入金後に借金を返済するような流れを表します。
投資活動によるキャッシュフロー
投資活動によるキャッシュフローとは、自社ビルや工場、店舗を建てたり、設備を更新するなどの設備投資、取引先との関係強化のための株式購入など、将来を見据えたお金の使われ方、増減を表したものです。
財務活動によるキャッシュフロー
財務活動によるキャッシュフローとは、金融機関からの資金調達、社債発行による市場からの資金調達、増資による資本金の増加などの、お金の増減を表したものです。



サイト内検索 powered by Google
投資日記ステーション

【株式サイトのランキングをチェック】
株式ランキング
ホームページランキングネット
Link-MP投資ランキング

マンション管理士試験研究所宅建試験初心者合格サイト株式投資初心者徒然日記抜け毛はげ対策研究所


トップページに戻る

更新日:2014年08月07日 木曜日
作成日:2007年08月08日 水曜日

アクセス解析 レンタルCGI